たったこれだけ?フェイクパールに合わせるラインストーンの選び方。

先日、このような記事を書きました。

ポイントをおさえて探せば、たくさん見つかります。

今日はパールをよりよく見せる脇役の選び方をご紹介します。
アクセサリーを作るときに使えます。

もしかしたらなんとなく気づいている方も多いと思いますが、
ちゃんと理由がわかるとさらに探しやすくなるので、
ぜひ最後までお付き合いください。

組み合わせるラインストーンの「カット数」を気にしてみよう。

これを気にするだけで格段に見え方が変わります。
ラインストーンを選ぶとき、気を付けているのはカットの多さ。

フェイクパールをより「ダイヤっぽく」見せたいときは、
カットが多めのストーンを組み合わせると良いと考えます。

なぜか?
コーティング材でキラキラするより、
カット面の乱反射のほうがダイヤモンドっぽい輝きになるから。

フェイクパールを高見えさせたいときは、
ダイヤモンドみたいなストーンを合わせるのが一番です。
出来るだけ反射が多いものが、安っぽく見えずおススメです。

フォイルバックやコーティングはクリア一択

色はフィルムやコーティング剤のないクリアーな色、一択です。
子どものビーズにあるような虹色のコーティング剤は避けましょう。

加えて、爪留めの石座が付いているとなお良い。

画像1

このいもむしとパールのブローチ。
これに合わせたものが、貼り付け用の裏がフラットなラインストーンや、
虹色ギラギラのフィルム付きだったらどうでしょう。
ちょっとチープに見えてしまいそうですよね。

パールと樹脂粘土のいも虫をしっかりと見せたかったので、
石座付きのカット多めのクリアなラインストーンを探しました。

これは、ファセットカット・フォイルバック・石座付きです。
フォイルはシルバーです。

脇役をととのえると主役が成長する。

主役を引き立てるのは脇役の務め。良い役者で脇を固めれば、
主役がより威力を発揮できますよね。
手持ちのフェイクパールをよりよく見せたい!
と思う方は脇役に注目してみましょう。

きっとすてきな作品に仕上がりますよ。

記号・リュウコ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*